« 島津義弘の戦法とは | トップページ | 伊達政宗といえば! »

馬上筒の話

火縄銃もいろいろあるのでござるhappy01

大口径のものから、小口径のもの、長いものや短いものまで多種多様でござる!

”馬上筒”は、騎乗して撃つタイプなんじゃよ!

普通の火縄銃を、短く小さくした感じなんじゃ。

20091221172313 ”馬上筒”(短筒)

大型の馬上筒もあるんじゃ!(軍用筒より短め)

騎馬武者が、鞍の上や鐙(アブミ)の上で玉込めをする絵が残っておるぞ。

20091221172345 片手で撃てるのでござるが・・・。

やはり、銃身が短い為命中率は落ちてしまうのじゃ。

通常の軍用筒の最大射程は500米! 殺傷距離は200米! 確実殺傷距離は50米!

(文献・資料により様々でござる)

50米では、鎧(鉄板)を軽く貫通しておる(実験された方もおられるようで・・・。)

馬上筒は、約10間程度で発射したようでござるな。

当れば、重傷もしくは即死でござるcoldsweats02(確実には、命中しづらいじゃろうな、騎乗だし)

しかし、馬上から発砲される恐怖は形容しがたいのう~crying(威嚇としては十分じゃ)

騎乗射撃は、伊達政宗や加藤清正・島津軍が得意としたようじゃな!

握り部分が、小さいのでかなりの技術が必要じゃ!(ホント撃ちにくいんじゃ・・・。)

|

« 島津義弘の戦法とは | トップページ | 伊達政宗といえば! »

コメント

鉄砲騎馬のイメージって、一般的な火縄銃を西部警察の大門バリにぶっ放すのかと思っていました。

投稿: しえんか | 2009年12月22日 (火) 06時22分

↑しえんかさんコメント面白すぎます!
西部警察世代の僕にはハマリました。


投稿: 窓屋 | 2009年12月22日 (火) 18時18分

角刈りでグラサンの騎馬隊がいたら面白いかも。

投稿: コタロウ | 2009年12月22日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/32687986

この記事へのトラックバック一覧です: 馬上筒の話:

« 島津義弘の戦法とは | トップページ | 伊達政宗といえば! »