« 桜田門外に散る | トップページ | 清水の次郎長 »

続!井伊直弼

当然の事ながら、井伊家(彦根藩)と水戸藩はお取潰しになるのが通例ではあるが・・・。

*「藩主自らの過失で死亡、または生前に跡目相続の儀を行わず死亡した場合は、家名断絶になるのが当然である」

Sakurada ”通常なら喧嘩両成敗”

しかし、両藩ともお咎めなし!この時、幕閣内では”赤穂事件”の事が頭をよぎったに違いない。

水戸藩を取り潰せば、そうでなくても過激な水戸のサムライ達は、一斉蜂起し彦根藩との武力衝突は避けられぬであろう。

両藩とも、徳川政権の重きを成しておったし、取り潰しは出来なかったのであろう。

今の官僚と、幕府の官僚、急場しのぎの浅知恵(言い訳)を、考えさせたら一流でござるよ!

死んだはずの、井伊直弼は生きていることにしたのでござる。

井伊大老名義の被害届の提出があったり「今朝、登城の折(中略)狼藉者鉄砲を打ちかけ・・・怪我致し候間、帰宅致し候」 首がないはずの本人からの書状?

その首は、遠藤但馬守宅にあるが、知恵を絞りお供をしていた”加田九郎太”の首と言う事にして、受け取りに行ったのでござる。

その後、藩医”岡島玄蕃”によって、胴に縫合され安置されたのじゃ!

閏3月29日まで、死亡はひた隠しにされこの日に死を公表したのでござる。(その間に、跡目相続の手続きを行っておる)

Sakuradamongai_2

|

« 桜田門外に散る | トップページ | 清水の次郎長 »

コメント

昨日、ニュースで見ましたが最近結婚式の披露宴で、お色直しに新婦は着物新郎は甲冑を着るのが流行っているらしいです。甲冑1番人気は直江兼続
らしいです!

投稿: 窓屋 | 2010年1月14日 (木) 08時05分

カネちゃんの結婚式、

甲冑着て、松山城で・・・

とりあえず、出席者は仮装!(v^ー゜)ヤッタネ!!

投稿: コタロウ | 2010年1月14日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/32973565

この記事へのトラックバック一覧です: 続!井伊直弼:

« 桜田門外に散る | トップページ | 清水の次郎長 »