« 少しづつ、修理進行中でござる! | トップページ | 甲鉄とガトリング砲 »

ペリー来航!(黒船キタル)

龍馬伝では、来週”黒船来航”ですな。

嘉永六年(1853)来航以前にも、「黒船」は来ておったのじゃ!

01a ”黒船”

弘化三年(1846)閏五月、東インド艦隊司令長官ビッドル率いる、軍艦二隻が、浦賀に来航しているんじゃ!

その目的とは、日本には通商開始交渉に応じる意思が、有るのか無いのかの確認じゃったのでござるよ!

時の老中首座は、お隣”備後福山藩主・阿部正弘”でござる。

齢は、三十半ばか?(決断はなかなか難しかったであろうな)「その意なし」と、きっぱり断ったのでござる。

ビッドルは、おとなしく伝達を受け、退去したのじゃ!

それから七年後の、嘉永六年六月”マシュー・カルプレイス・ペリー海軍少将”率いる四隻の黒船艦隊が姿を現したのじゃ!

旗艦サスクェハナ以下・蒸気艦ミシシッピ・武装帆船サラトガ・同じくプリマウスでござる。

武装帆船二隻には、海兵隊員500~600名が乗船していたようじゃ!

この異様な艦隊を、目の当たりにした者は大混乱に陥ったであろうな!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E8%88%B9%E6%9D%A5%E8%88%AA

|

« 少しづつ、修理進行中でござる! | トップページ | 甲鉄とガトリング砲 »

コメント

龍馬伝ハマってます
岩崎弥太郎がこの先どうやって成功するかが
楽しみです

投稿: ででで電 | 2010年1月26日 (火) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/33121634

この記事へのトラックバック一覧です: ペリー来航!(黒船キタル):

« 少しづつ、修理進行中でござる! | トップページ | 甲鉄とガトリング砲 »