« 清水の次郎長 | トップページ | 今夜は忍者の話 »

大地震ってやはり恐ろしい!

1.17は、阪神淡路大震災の日でござるなcoldsweats02

それがしも、被災したくちでござるよ。

300pxnamazue ”鯰絵”

安政の大地震以後描かれた物が多い!

ひとえに、安政の大地震といっても嘉永七年と、翌安政二年に発生しておるのじゃ!

安政の大地震の特徴は、火災による死者より、圧死者が多かった事であろう。

俗に、犠牲者十万人と言われておるが、実際は七~八千人が妥当であるようじゃ。

水戸の”藤田東湖”と”戸田蓬軒”も圧死しておるぞ。

あるエピソードをご紹介しよう。

品川二番御台場のある会津藩士の最後でござる。

激しい揺れの為、一瞬で家屋の倒壊!多くの藩士が下敷きになったのじゃよ。

救出は、困難を極め、掘り出せば崩れ人間を潰してしまう始末coldsweats02

中にいる藩士たちは、覚悟を決め焼け死ぬ迄に、腹を切っていったのでござる。

「これで、お別れでござる。何卒、この刀を国許にお届けくだされ。」

と、外にいるものに差し出したのじゃ!

その後、御台場は四日間も燃え続けたと言うのでござる。

現代でも、地震予知は確立されておらず、海外でも大きな被害が出ておるようでござる。

備えあれば、憂いなしと言うが、何時襲ってくるのか・・・。

備えって大切でござるよ。

|

« 清水の次郎長 | トップページ | 今夜は忍者の話 »

コメント

阪神淡路大震災から十五年。
いろいろと考えさせられます。

投稿: 海月 | 2010年1月20日 (水) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/33009427

この記事へのトラックバック一覧です: 大地震ってやはり恐ろしい!:

« 清水の次郎長 | トップページ | 今夜は忍者の話 »