« 龍馬伝はいい! | トップページ | 兎耳脇立総髪形兜 »

池田治政公

第五代岡山藩主

Tyou2p

当時、松平定信が幕府老中となって、寛政の改革を推し進めておったのじゃが、治政は定信のやり方が気にくわず、故意に定信のやり方に反対したのでござる。

世に言う

「越中にこされぬ山が二つあり、京で中山、備前岡山。」

「京の中山」は、公卿の中山大納言、「備前岡山」は、池田治政を指しているのじゃ。

いかに定信が、この二人にてこずったかが分かるようじゃcoldsweats02

定信が倹約令を出した時、絹物の着物や銀細工の使用を禁止したが、かねてより銀煙管を愛用していた治政は激怒!

すぐさま、金煙管を作らせ江戸城内に持ち込み、「銀細工品が禁止となったので、金で打たせた。」と、言って当てつけたように、煙草を吸ったそうじゃcoldsweats02

まぁ大人げないがのう~Σ( ̄ロ ̄lll)

|

« 龍馬伝はいい! | トップページ | 兎耳脇立総髪形兜 »

コメント

『銀がダメなら金で』いつの時代もこんな人っているんですね!
大人気ないというか、確信犯ですね。

投稿: 窓屋 | 2010年3月 2日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/33605253

この記事へのトラックバック一覧です: 池田治政公:

« 龍馬伝はいい! | トップページ | 兎耳脇立総髪形兜 »