« NEW 籠手 分解修理編 | トップページ | NEW籠手 分解修理編 参 »

NEW 籠手 分解修理編 弐

裏側は錆だらけ・・・sweat02

家地は大穴heart03Cimg2297

切ってみるでござる。

Cimg2298

Cimg2299 ポッカリcoldsweats02 良い柄の家地探さねば~

金具部は、予想以上に錆がきておりましたぞ。

金属ブラシでゴシゴシ磨くshine

欠損の篠は、臑当のジャンク品で代用じゃ!

Cimg2304 漆を盛って、鎖も編んでなかなか大変じゃのう~。

分解してみて、甲冑の構造や創りが分かってきますぞ。

(文化財の破壊者ではござらぬのであしからず・・・)

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« NEW 籠手 分解修理編 | トップページ | NEW籠手 分解修理編 参 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/38332229

この記事へのトラックバック一覧です: NEW 籠手 分解修理編 弐:

« NEW 籠手 分解修理編 | トップページ | NEW籠手 分解修理編 参 »