« 内緒の話 伊予札胴購入 | トップページ | 伊予札胴 分解修理編 弐 »

伊予札胴 分解修理編も同時進行で!

漆を塗ったり、同じような補修をするのでこの際まとめてcoldsweats01

胴の浮張を剥がすと、錆と埃で大変な事になっておったsweat02

虫とか出てこなくて良かったが・・・。

押通気おしつけ※(鎧背面のこと)側から掃除をいたす!

Cimg2347 それぞれの板に名称がござるよ

望光之板・佐加板・高光板・十字板・護神・・・・などなど

錆の進行を遅らす為、油を挽いてとりあえずの処置。

威しの糸も風化が進んでおるので、そのうち威し替えせぬとcoldsweats02

当然、草摺りも切り離しピカピカに磨く!

Cimg2346

Cimg2345 見ていただけば判るが、若干の違いがあるのでござる。(頭の数が違うんじゃ)

後ろは、大体四間なんじゃが”引敷”と呼ばれるらしい!

Cimg2348 脇板で合っているのか?

これも、射向側(左側)と馬手側では大きさが違いまするぞeyeCimg2349

つづく

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« 内緒の話 伊予札胴購入 | トップページ | 伊予札胴 分解修理編 弐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/38464911

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予札胴 分解修理編も同時進行で!:

« 内緒の話 伊予札胴購入 | トップページ | 伊予札胴 分解修理編 弐 »