« 伊予札胴 分解修理編も同時進行で! | トップページ | 総合甲冑修理にて »

伊予札胴 分解修理編 弐

さて、前回は後側を掃除しましたが、前側もしておきまする。

雨に当たったのか?はたまた湿気ておったのか?

前面の傷みは結構来ております・・・heart03

威し替えの勢いで、分解掃除しましたぞ~coldsweats02

Cimg2350 漆もひび割れ、錆も大変な事になっておりまする。

分解して分かることも多く、勉強しておりますぞ。

↑上の画像からは、頭部分に銀が塗ってあるのじゃ!

甲冑師の技術が偲ばれますな。

紺色の威し糸を切り離し、剥がれる漆も取り除き、綺麗に掃除いたしましたぞ。

Cimg2351 ・・・・。

結構コンパクトsweat02って小さいのう~。

草摺りも何処のか解らなくなるので、今回からは付箋を貼り付けましたぞ。

Cimg2352 左が”射向先”・中央が”玉睾蔵”・最後が”大胴先”になりまする。

つづく

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« 伊予札胴 分解修理編も同時進行で! | トップページ | 総合甲冑修理にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/38492840

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予札胴 分解修理編 弐:

« 伊予札胴 分解修理編も同時進行で! | トップページ | 総合甲冑修理にて »