« 明石 時のウィークで! | トップページ | 勢いで・・・ »

咽喉輪 改

御指摘を頂き、威し直しm(_ _)m

Cimg3095

演武会場には、よく甲冑を観察される方がおられますので。

御指摘、誠に感謝いたしまする~。

明石城跡(明石公園)での演武に着用いたしますぞ!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

|

« 明石 時のウィークで! | トップページ | 勢いで・・・ »

コメント

こんにちは。
私の言いたかったことが無事に伝わったようで何よりです。ただ、もっと細かいことが気になる人は、菱縫の重ね方が上段と下段とで逆になっていると突っ込んでくるかもしれません。

「正式」とされる方法では、上段の菱は左上から右下の札穴に通る糸を右上から左下の札穴に通るものの上に重ね、下段ではその逆になるように威していきます。

とはいえ威毛の重なりなんて近くに寄らないとわからないことですし、本歌でも遺品を見る限り、その辺はさほどうるさくなかったようです。
以上ご参考までに。

投稿: 陀摩也 | 2011年5月23日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286135/40101000

この記事へのトラックバック一覧です: 咽喉輪 改:

« 明石 時のウィークで! | トップページ | 勢いで・・・ »