趣味

火縄銃演武の話

時々、火縄銃演武の事もhappy01

Vlcsnap2010012215h47m56s96 ”今夜の龍馬伝でも、剣術の無力さを訴えておったが”

剣術を辞めるという事は、すなわち武士を捨てることなり!

龍馬の姉”乙女”の叱咤激励の文は、ジーンときますな!

古式砲術も、礼に始まり礼に終わるんじゃ!

幕末の最新小銃が、優れておったのは認めるが戦国時代から、幕末まで(昭和初期まで狩猟では使用)火縄銃は使われておったのでござるよ。

親子で、古式砲術四段位はなかなか居らんでござろうなwink

Vlcsnap2010012215h46m35s38 ”武芸のなかに砲術も含まれておるのでござる”

火縄銃は、足軽が使用するものと決め付けておられる方が、時々おられますが、士筒のように士分も使用しておったのでござる。

嗜みでござるよ(*´v゚*)ゞ

Vlcsnap2010012215h48m36s213 ”砲術師範の射撃”

現代に綿々と、古式砲術は受け継がれておりますぞhappy01

津山桜祭り2009の映像はこちらdownwardleft

http://tsuyama-city.musicfactor.jp/sakura09/

備州岡山城鉄砲隊は、中程にありますぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兜・分解修理 其の二

ようやく構想がまとまり、脇立の製作に着手!

今回は、総髪形の脇立を”兎耳”に決定happy02

こだわって、昔ながらの方法で再現じゃ!

もともと、本歌の練革の鉢に、角元を取り付けたのでござるよ

Cimg1105 ”側面に角元装着”

睨み眉は、結構ひび割れておったので、今回はなしの方向で・・・coldsweats01

Cimg1107 ”兎耳”

兎は、神の使いであったり、大きな耳で戦場の様子を知るとか、後ろに退かないものじゃったので、よくモチーフのされるのじゃよ。

最近寒いので、渇きが悪く一日二回塗りが限度じゃな!

これに、カンレイシャ(薄いガーゼ生地)を張り、塗り重ねていくのでござる

Cimg1104_2  ”最終的には、植毛するのでござるよ”

四月の津山桜祭りの演武でお披露目できるかのう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

少しづつ、修理進行中でござる!

ささっと、終わらないのが難点じゃcoldsweats01

少しずつしか進まぬのである・・・。

Cimg1098 ”腰板(太刀吊り)”

時代の紐を替え、使用できる紐に強化!

よく演武で、聞かれるんじゃが太刀(脇差含む)の吊り方がおかしくないのかと・・・。

通常、腰に差すのとは、逆さでござるが。

これでは刀を抜く時、大変難儀でござるな?

実は、鉄砲隊では折敷・膝台などと呼ばれる、射方があり(中腰・座など)刀を通常と同じように差しておると、鞘(さや)のコジリ部分が地面に当り、鞘を傷つけるばかりか、うまく座れないのじゃ!

037 ”ちなみに、尊敬する隊長O氏、砲術範士8段の射撃”

小さくて見づらいが、太刀がぎりぎり地面に着いていないのじゃよ!

油断しておると、すぐ演武の時期になるので、こまめに補修じゃ (;´Д`A ```

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甲冑・分解修理!

兜の漆が乾く間に!

甲冑も修復作業でござるよcoldsweats01

って、最近飲み会とか多くて・・・。なかなか進まずshock

一応、本歌なのでボロボロでござるが・・・。(威し替えしたり、裁縫したり、漆塗ったり)

演武に出ると、必ずどっかが痛むのじゃheart03

Vlcsnap2010012216h00m59s56 ”結構、ハードな動きなんじゃ!”

Vlcsnap2010012215h51m59s186 ”立ち放し・膝台放し”

立ったり、座ったり、行列で行進したり・・・。

Cimg1095 ”見えにくいが、城の備えだった文字が!”

文化財の破壊者となっておるのでござるheart03

この時代に、着用できるのもすごい話じゃな・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兜・分解修理中!

演武まで時間があるので、総髪形兜をグレードアップ(もっと目立つように)でござる。

Img_450775_30458077_1 ”総髪に角元付けて・・・。”

後は、完成してからのお楽しみじゃ!

とりあえず、解体開始でござる。

Cimg1090 ”しころ・忍び緒・兜蓑(カブトミノ)引き廻しとも言う”

我、工房で鉢に角元装着中でござるよ!

Cimg1091 ”なかなか良いシコロでござろう”

脇立ては、何が良かろうか?兎耳(トジ)か、波頭か?今からワクワクしているのでござるlovely

Dscn0298 ”この姿も見納めでござるな!”

| | コメント (3) | トラックバック (0)

甲冑好きは止められぬ?

鎧が好きな方からのコメントをもらいましたhappy01paper

ありがとうでござる!

そうそう、修理中の前掛け胴は今!

Cimg1087 ”だいぶ重ね塗りができたのじゃ!”

今後は、サンドペーパーで磨いて、表面を整えて漆塗りの作業へscissors

そうじゃな!漆をかけた後には、家紋を入れたりするのでござるよ!

話は変わるが、彦根演武の時の、着用甲冑を悩んでおるんじゃが、やっぱりご当地用にdownwardleft

Cimg1084 ”赤の筋兜・天衝の前立しようか”

もう少し、時間があるので考え中でござる。

4000アクセス達成!皆様のおかげでござるよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

江戸の三大道場とは

江戸の三大道場といえば!

”北辰一刀流・千葉周作の玄武館”

”神道無念流・斉藤弥九郎の練兵館”

”鏡神明智流・桃井春蔵の士学館”

これに、心形刀流の伊庭道場を加えて、江戸四大道場と呼ぶ事もあるのでござる。

「技は千葉、力は斉藤、位(くらい)の桃井」と伝えられておるのじゃ。

名剣士・松崎浪四郎が、千葉栄次郎・斉藤新九郎・桃井左右八郎と立会い、一勝一敗の成績だったのじゃ!

その時の言葉が、「千葉氏の技は天下一品でござる。斎藤氏の力量は群を抜いてござる。桃井氏の剣筋と位は他に類を見ないでござる。」

600x45020080513000062 ”幕末に至っても尚、鉄砲ではなく、刀で命のやり取りをしていたとは”

幕末の志士たちの多くが、道場に通っておったのでござるよ。

”龍馬伝”を観ておれば、出てくるはずでござるhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清水の次郎長

昨夜、”ジロチョー”TVドラマで観たのでござるhappy01

Syouzouga ”この方、清水の次郎長”

明治二十六年、七十四歳まで生きたのでござる。

佐幕でもなく、勤皇でもなく、第三局的な任侠集団。

次郎長が、庶民のヒーローとして、強きを挫き弱きを助ける武勇伝は多いが、ここで一つ紹介いたそう。

時は、明治元年”榎本武揚”率いる旧幕府艦隊は、江戸湾を出航し一路蝦夷地(箱館)へ進路をとったが、鹿島灘に達した時台風の圏内に入ってしまったのじゃ!

咸臨丸が大破し、船体修理の為清水港へ入港したのじゃが、官軍側は軍艦三隻で襲撃、咸臨丸は白旗を揚げ戦意がない事を示すが、副艦長”春山弁蔵”以下二十数名を惨殺、海へ投げ捨てられたのじゃ。

海上を漂流する死体を、官軍の咎めがあると放置しておったのじゃが、清水の次郎長は「仏に、官軍、賊軍の区別があるか」と、夜になって子分と共に死体を回収し、生家の空き地に手厚く葬ったのでござる。

他にも、エピソードは沢山あるが・・・。

Douzou2 ”庶民の英雄”なのでござる。

しかし、こうした親分ばかりではなく、ライバルの”黒駒の勝蔵”などは、慶応四年子分と共に官軍に身を投じている。名前を”池田勝馬”と変え、御親兵隊七番隊の小隊長となっているのでござる。

明治四年、旧幕府時代の悪事をあばかれ、甲府で斬首されているのじゃ!

いやはや、幕末とは難しい時代であったのでござるな~coldsweats02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

火縄銃演武のお知らせ

早くも演舞の予定が(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

今年も、備州岡山城鉄砲隊を宜しくお願いいたす!

Banner キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

3/20~3/21にかけて、彦根市で行われるイベントに参戦するつもりでござる。

よほどの事がない限り、行くのでござる(行かせて下され)人( ̄ω ̄;)

20091115112051 こんなに”井伊家”大好きなのじゃ!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

という事で詳しくはこちらdownwardleft

http://www.hikoneshi.com/event/?itemid=599

| | コメント (3) | トラックバック (0)

幕末の銃火器考

Aaaasssp1100595ss 進化し続ける銃器”

幕末(鳥羽伏見~戊辰戦争期)でも銃器の性能の優劣で勝敗を分けたのじゃ!

鳥羽伏見の戦いは、そのことを如実に伝えておるのでござる。

薩長軍四千(一部土佐藩)の約四倍の徳川軍を、撃破したのも最新式の小銃が優れておった為でござる。

薩長軍は、アメリカ製のスペンサー(スペンセル元込め)銃を十発撃つのに対し、徳川軍は旧式のゲベール銃を一発放つこととなれば、勝敗はすでに決しておったのじゃ!

全ての幕府軍が、旧式銃だったわけではなく、徳川直属部隊(歩兵連隊や伝習隊)は薩長に勝る装備であったが、錬度と士気が低かった事が大きい。

慶応三年頃に、西郷隆盛は外国商人から大量に最新式ミニエー銃を導入(購入)したのである。

七連発スペンサー銃・ミニエー銃が主体となる、対して奥州諸藩は旧式のゲベール銃やヤーゲル銃(先込め式)しか持っていなかったのじゃ!

同時期には、砲兵(大砲隊)の役割は以前のも増して重要視されるようになっていたのじゃ。

ちなみに、この頃の小銃の値段を比べてみるとcoldsweats01

シャスポー銃(フランス製・元込め式)三十両

ゲベール銃(オランダ製・先込め式)五両

エンフィールド銃(イギリス製・先込め式)十七両

ヤーゲル銃(オランダ製・先込め式)七両

スナイドル銃(イギリス製・元込め式)二十六両  ”長州薩摩はこの銃が多い”

ゲベール・エンフィールド・ヤーゲルの射程は、約七百メートルに対し、スナイドルなどの新式は千二百メートルであった。 (先込め式は、火縄銃の要領でござるよ)

他に、シャープス・スペンサー・ウィッツウールド・スプリングフィールドなどがあるのでござる。

まさに、小銃の実射展示会場のようであったのでござるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)